Disc - Clear

 

【 装 着 方 法  】

 

DiscClearの本体の片面には格子模様が入っています。

格子模様の無い方がシールの保護紙ですので、はがしてCDレーベル面に貼ってください。

Disc Clear は、時間の経過と共に効果が強く作用します。  

24時間経って、音がうわずったようになる場合は、はさみで切れますので、切断し面積を減らしご使用ください。

SACDDVDや通常のCDでも、ディスクのブレが気になる場合は、

下記ののシンメトリカルに貼るをご参照ください。

貼る時には、デッキのトレーに乗せて貼るのでは無く、CDケースや柔らかい布の上で貼ってください。

トレーの上で貼るとトレーを破損する恐れがありますのでおやめください。

貼る位置は上の画像のように内周と外周の中心あたりに貼ってください。

内周の白い部分はCDデッキがディスクを固定するときに使う部分ですので、この部分を避けて貼って下さい。

貼った後は必ず剥がれないか確認してください、再生中に剥がれると故障の原因になります。

Disc-Clearは再使用には対応していません。

 

一度貼ったDisc-Clearを剥がすとレーベル面が剥離する事もありますのでおやめください。

SACDDVDDVDディスクなどのディスク、通常のCDでもブレが生じる場合、シンメトリカル(左右対称)に貼ってください。

 

【シンメトリカル(左右対称)に貼る】

SACD・DVDなどのディスクはCDに比べ高速で回転致します。

そのため貼る位置によってはブレが生じる場合もありますので、気になる方はシンメトリカルに貼ってください。

Disc-Clearは、はさみで切れますので中心を半分にはさみで切ってください。

CDのセンターの穴はDisc-Clearと同じ15mmですので、センター

の穴の下に定規をあてます。

目視で118mm有りますので19mmと99mmのところに貼るとシンメトリカルに貼れます。

 

異音がしたりディスクに異常を感じた時にはご使用をお控えください。